出産祝いにサプライズを

出産祝いというと、赤ちゃんのものをあげるのが通常おおいかとおもいます。
ここで少しお母さんの方へも心遣いをしてあげたらいかがでしょう。
出産祝いに赤ちゃんのものだけでなく、すこしでいいのでお母さんにも何か出産祝いをあげると、きっととても喜んでもらえると思います。
出産祝いは赤ちゃんのものばかりをもらうという先入観があるので、ちょっとだけの物でもうれしく思えるものです。
小さな花束などでいいでしょう。ちょっとしたお菓子なんかでもいいかも知れません。
これはお母さんにと言って出産祝いを渡してあげることにより、もっと効果が上がるでしょう。
お母さんも大きな仕事をしたのですから、その苦労を労ってあげてください。

また家族の人も頑張ったお母さんに何かプレゼントをしてあげることも素敵だと思います。

すこし、出産祝いなどでも違ったことがあると後々まで印象に残ったりするものです。

「お母さんにも出産祝いをあげる」、ちょとしたことで喜びを増やすテクニックでした。

出産祝いに悩んだら

出産祝い で何をあげたら良いかって、意外と難しいですよね。
本当に親しい間柄であれば、「何がほしい?」と聞いてしまうのも一つの手段です。
でも、出産祝いが何かわかっていると、相手の喜びも少し減ってしまいますよね。出産祝いのわくわく感がなくなってしまいます。
ただそうは言っても、出産祝いであげるものですからきちんと使ってほしいし、心から喜んでもらいたいですよね。
出産祝いの悩みは尽きません。

いくつかのパターンが考えられます。

出産祝いをお祝い金としてあげてしまう。これは確実に使ってもらえるし、シンプルですね。ただ少し味気ないような気がします。
ある程度の金額で無いと少し恥ずかしいですよね。友人何人かで出し合えばいいかもしれません。

出産祝いとして必ず必要になるものをプレゼントする。
赤ちゃんが生まれてこれから子育てが始まります。オムツや肌着などは必ず必要になります。この辺りの物だと、まあ外れは無いというものがありますよね。

どーしても何か渡したい、でも何を渡していいか分からない。
こんな場合に便利なのが、カタログギフトです。現金ほど直接的でも無いし。相手が欲しいものを自分で選べる。
ちゃんと出産祝い用のものもあるので意外と便利に利用できると思います。

出産祝いの参考にして下さい。

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いが準備してあったりすると、無事出産したと聞くとすぐに駆けつけて出産祝いを渡したくなりますよね。
親類や友人などの顔をみて、笑顔でおめでとうと出産祝いを渡す。
赤ちゃんの顔も見てみたいし、出産祝いを受け取ったうれしそうな顔も早く見たいですよね。
その気持ちはよく分かりますが、ちょっと冷静に考えましょう。
出産祝いを持って病院や産婦人科を訪れるのは、ちゃんとタイミングを考えた方がいいです。出産という大仕事を終えたばかりの、赤ちゃんとお母さんは、とても疲れています。もしかしたら少し体調が悪いかもしれません。出産祝いを早く渡さなければいけないではなくて、きちんと赤ちゃんとお母さんの状況を確認しましょう。
調子が悪いお母さんに出産祝いを渡して、あんまり喜んでくれなかったなんて思っても仕方ないですしね。
きちんと状況を確認した上で、訪問することをしましょう。

また、出産した病院や産婦人科では、相部屋の場合も有ります。
出産祝いを渡したらできるだけ、他の人などに迷惑にならないようマナーを守ることも注意しましょう。
あまり長居するのもよくありません。